情報Bank
   情報ブログー金利、株式投資、消費者、金融商品、自動車、アフィリエイト、SEO、宣伝などの宝庫
  >> ホーム
  >> RSS
No.1Affiliater
Author:No.1Affiliater
「情報Bank」へようこそ!
カテゴリ
情報(557)
アフィリエイト(5)
SEOと検索エンジン(4)
日記(5)
未分類(0)
過去の記事
2007月08月 (6)
2007月07月 (4)
2007月06月 (2)
2006月12月 (2)
2006月11月 (3)
2006月10月 (3)
2006月09月 (3)
2006月08月 (8)
2006月07月 (10)
2006月06月 (9)
2006月05月 (13)
2006月04月 (18)
2006月03月 (18)
2006月02月 (18)
2006月01月 (33)
2005月12月 (42)
2005月11月 (32)
2005月10月 (24)
2005月09月 (14)
2005月08月 (28)
2005月07月 (27)
2005月06月 (25)
2005月05月 (43)
2005月04月 (35)
2005月03月 (42)
2005月02月 (44)
2005月01月 (65)
リンク
広告アマ
アフィリエイトハンター
楽しいお買い物
Google AdSense
夢Blog
ジジニュース
マイバブルタイプ
目指せ!月収300万円アフィリエイター!
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

 江戸時代の高利貸し
テレビを見ていたら、江戸時代の高利貸し

の利息上限は年利12%だって

今の消費者金融、銀行のリボルビング
など、江戸時代じゃ、悪徳高利貸しの利息以上じゃないか。

へー、今が高すぎる、倍返しどころじゃない。借りない方が賢明です。

テレビで銀行の宣伝で、提携先消費者金融を流しているのも非常識だよな、イメージ悪いよな。

スポンサーサイト
情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/31(水) 12:19)

 日銀が短期金利上昇けん制
日銀が短期金利の上昇けん制、過去最大の資金供給


日銀が短期市場金利の上昇をけん制している。29日には、1日の資金供給としては過去最大の1兆5000億円の公開市場操作(オペ)を実施。金融政策で動かす対象の翌日物金利が一時、0.1%と、ゼロ金利政策の事実上の上限に達したためだ。日銀は量的緩和政策の解除後、市場への資金供給を絞ってきたが、同日は4月以降、初めて当座預金残高を大幅に増やした。

 日銀は同日、30日以降の資金供給になるオペも通知しており、供給額は合計3兆5000億円に達する。巨額のオペには、資金需要が高まりやすい月末から来月初めにかけての金利上昇圧力を抑え込む狙いがある。

ややけん制が遅いと思う。すでに住宅ローンなどあげたしまった銀行もある。

銀行の金融緩和の見切り発車に乗り遅れた感がある。

情報 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2006/05/30(火) 11:07)

 金融機関外国人持ち株
金融機関、外国人持ち株比率が軒並み上昇・3月末


2006年3月末の金融機関の外国人持ち株比率が1年前に比べて軒並み上昇した。景気回復や銀行の不良債権処理にメドがついたことなどを好感し、海外投資家が積極的に株式保有を増やしている。外国人株主の増加を受けて、各社は資本の一層の有効活用や配当政策の明確化を求められそうだ。

 大手銀行グループは、6社のうちりそなホールディングスを除く5社で上昇した。今週出そろった06年3月期決算が相次いで過去最高益を記録。業績の回復を受けて株主配分が厚くなることへの期待も外国人持ち株比率を引き上げた。

外国人の持ち株比率が、各金融機関で高くなっているんだ。

外国人が日本への投資だけれども、外国人には美味しい投資なのだろう。

製造業への投資じゃないのが、気にかかります。

日本の国債への投資などあるのだろうか?

情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/27(土) 15:52)

 大手六銀行グループ
大手銀行6グループ、株式含み益2.2倍8兆円


 2006年3月末の大手六銀行グループの株式含み益は8兆1630億円となり、1年前に比べて2.2倍に膨らんだ。01年3月期に時価会計が導入されて以来の最高水準となる。含み益の増加は自己資本比率の上昇につながり、財務安定性が高まる。株式相場の上昇が、銀行の「攻めの経営」への転換を後押ししている。

 大手銀行は03年3月期に保有株式の減損処理に踏み切った。その後、株式相場の反転を追い風に持ち株の価値は増加基調をたどっている。3月末時点で最も株式含み益が多いのは三菱UFJフィナンシャル・グループ。1年前に比べ2.2倍の2兆9808億円と3兆円に迫る。

業績が極端に上がり始めています。

どのように国民各位に恩返しをするのか、見ものです。

おそらく何もしないと思いますけれどもね、念のためそのなり行きを見守るとしましょう、


情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/26(金) 13:13)

 三井住友銀収益減予想
三井住友銀、行政処分で300億円収益減・北山FG社長見通し


三井住友フィナンシャルグループの北山禎介社長は23日、「金利スワップ」と呼ばれる金融派生商品を中小企業に押し付け販売した法令違反で金融庁から行政処分を受けた影響で「約300億円の収益減少につながる」との見通しを明らかにした。

 三井住友銀行は5月15日から半年間、金融派生商品の販売を金融庁から禁止されている。これまでは処分で受けるダメージを200億円程度としていたが、「(法人部門の)周辺業務も影響を受ける」(北山氏)として見通し額を増やした。

悪いことをしたのだから、客離れを起こすことも覚悟しないといけない。

株主のご機嫌も損ねる。これは執行部の責任でしょう。

情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/24(水) 11:01)

 三菱UFJ、公的資金6月完済
三菱UFJ、公的資金6月に完済へ

三菱UFJフィナンシャル・グループは、優先株の形で国から受け入れている約5000億円の公的資金を6月中に完済する方針を固めた。優先株を普通株に転換して大半を国内の個人投資家に売却するのが特徴で、個人株主づくりにも役立てる。完済を機に攻めの経営姿勢を鮮明にする。

 不良債権の処理が一巡し、大手銀行グループは前向きな投資へとカジを切り替えている。各行は公的資金の返済にも取り組んできたが、これまで完済した大手銀は住友信託銀行だけ。三菱UFJはみずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループを含めた3大銀グループの先陣を切って完済にこぎつけ、成長戦略へと転換する。

三菱UFJも公的資金を6月に完済する方向に大きく舵を切った。

業務内容が上向きになった証拠なのでしょう。

銀行業務が、ひとり立ちしてきた。後の銀行処理していくほうこうになると思う。

情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/22(月) 19:13)

 銀行業績回復
三井住友FG、今期1000円増配へ・発足後初

三井住友フィナンシャルグループ(FG)は2007年3月期の1株当たり年間配当を前期より1000円増やし、4000円にする方針を固めた。増配は02年12月の発足以来初めて。資本注入された公的資金の返済を今期中に終え、株主還元を強める。不良債権問題をほぼ解消して好業績が相次ぐ3メガバンクがそろって増配へ動き始めた。

 三井住友FGは発足した03年3月期以降、2度の赤字決算があったものの、毎期末に1株3000円の配当を続けてきた。06年3月期は傘下の三井住友銀行の不良債権処理損失が大幅に縮小し、連結最終損益が前の期の赤字から6900億円前後の過去最高の黒字に転じたもようだが、配当は3000円に据え置く。

業績回復で、株主還元だそうです。

村上氏らの株主重視に呼応しています。その村上氏もシンガポールに移住し、国外から日本経済の穴を狙います。



情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/20(土) 07:47)

 ゼロ金利早期解除論をけん制
官房長官、ゼロ金利早期解除論をけん制

 安倍晋三官房長官は19日午後の記者会見で、日銀が同日の政策委員会・金融政策決定会合でゼロ金利政策の継続を決めたことを受け、6月のゼロ金利解除観測について、「まだ緩やかなデフレ状況にある。デフレから確実に脱却できるよう、日銀においては引き続き政府と一体で取り組んでいただきたい。具体的にはゼロ金利の継続により、金融面から経済を十分に下支えしていただきたい」と訴えた。

 金融政策上、ゼロ金利継続の位置付けについては、「基本的には手段」と指摘した上で、「しかし、目標の認識、現状認識については共有していく必要が当然ある。現状認識としては緩やかなデフレが続いているということだし、政府としての考え方としてはゼロ金利維持で金融面から是非支えてもらいたい」と述べ、早期解除論をけん制した

当然金利もユックリ上げなければ混乱を起こすだろう。

銀行の住宅ローンの金利を上げている銀行もあるが、それは庶民の負担を大きくする。

斬新的な上昇が大切だと思う。

情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/19(金) 19:46)

 06年度夏のボーナス予想
夏のボーナス、初の80万円台・日経中間集計

 主要企業の夏のボーナス支給額が初めて80万円台に乗った。日本経済新聞社が14日まとめた2006年賃金動向調査(4月27日時点)によると、平均支給額は81万3458円で前年比0.73%増えた。昨夏に比べ伸び率は鈍化したが4年連続の増額。業績連動型ボーナスを採用する鉄鋼や機械が好業績を背景に全体を押し上げた。ボーナス増額は個人消費の追い風となりそうだ。(詳細を15日付日本経済新聞、日経産業新聞に)

 夏のボーナス支給額は中間集計で対象企業数は245社。7月に最終集計する。

主要企業の夏のボーナスの予想は思っている以上に良いと期待が持てる。

しかし大手のみ、業種によっては、収支状況改善されていない企業もあるので、ばらつきもあるのではないだろうか。


情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/15(月) 08:42)

 MMF再開
日興アセット、MMFを4年ぶり復活

日興アセットマネジメントは国内の短期金融市場などで運用するマネー・マネジメント・ファンド(MMF)を約4年ぶりに復活させる。日銀の量的金融緩和の解除などを受けて金利の上昇傾向が強まり、運用再開の環境が整ったと判断した。これまで個人マネーは利回りの高さを重視して海外債券などに傾斜してきたが、今後は為替リスクのない円金利での運用商品に資金がシフトする可能性がある。

 日興アセットはMMFを6月にも新規に設定。日興コーディアル証券がオンライン取引「日興イージートレード」の専用商品として販売する。MMFは投資信託の一種で元本割れリスクはあるものの、比較的安定した運用が特徴。販売手数料も無料で預貯金に近い性格を持つとされる

4年ぶりに復活しました。国内投資が増えると予想しているのだね。

銀行も0金利規制なくなれば、かなり収支の状態良くなるから、また利益が伸びる。

借金したら倍返しどころか、3倍返してなことになりそうですが、業績回復は、まだ大手のみです。

中小企業は、またまた置いてきぼりです。


情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/15(月) 08:37)

 ネット専業銀行黒字
ソニー銀とイーバンク銀、そろって初の黒字・前期最終損益


 2001年に開業したインターネット専業銀行のソニー銀行とイーバンク銀行は12日、06年3月期決算を発表した。システム投資など初期費用の償却負担がなくなることや口座数、預金残高の増加などを背景に両行ともそろって最終損益が初めて黒字になった。

 ソニー銀の単独最終損益は32億円の黒字(前の期は16億円の赤字)だった。税効果会計による法人税などの調整で繰り延べ税金資産を10億3300万円計上し、累積損失(05年3月末時点で24億円)を一掃した。経常収益は前の期比52%増の172億円。住宅ローンなどの貸し出し増で利息収入が膨らみ、業務粗利益は94億円と前の期に比べ1.8倍に拡大した。

 イーバンク銀の連結最終損益は10億円の黒字(前の期は5億円の赤字)だった。資産運用が好調だったほか、口座数や提携企業数の増加を背景に決済手数料収入も伸びた。業務粗利益は27億4500万円と同5倍に増えた。経常収益は同54%増の106億円。3月末の口座数が147万3000口座と1年前と比べ45%増加したことが寄与した。

やっと黒字になった。

意外と時間がかかった感じがする。

これから、どうゆうふうに収益性を高めていくのかが、勝負です。

やっと世の中から認められたっということでしょう。

情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/13(土) 09:30)

 中国の自動車輸出急拡大
中国の自動車輸出台数、1―3月は2.4倍に

 中国の自動車輸出が急拡大している。中国汽車工業協会によると、1―3月の輸出台数(車体のみを含む)は前年同期比2.4倍の6万2600台。特に乗用車は1万6800台と5.6倍に急増した。輸出の主体は中国車メーカーで、価格競争力を武器にロシアや東南アジア、中東など新興国を中心に輸出実績を積み上げている。

 乗用車の輸出台数は3月だけでも6620台と前年同月の22倍。多目的スポーツ車(SUV)を得意とする長城汽車や小型車の奇瑞汽車などが目立つ。

かって日本が歩んできた道です。

韓国も中国も真似して歩んでいます。

小型車からです。

アメリカの自動車製造業界は、不振です。

トヨタは、今後どうゆう風に舵取りしていくのだろうか?
業界で「四高」といわれる円高、資源高、金利高、人件費高をどう捌くのかが、ポイントでしょうね。


情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/11(木) 05:43)

 三井住友銀、西川前頭取
三井住友銀、西川前頭取に金銭的負担要請へ・衆院委で表明

 衆院財務金融委員会は10日、融資先に金融派生商品の購入を強制したとして金融庁から一部業務の停止を命じられた三井住友銀行の奥正之頭取らを参考人招致した。法令違反時に頭取だった西川善文日本郵政社長らの責任について、奥頭取は現幹部への処分を目安に「何らかの要請を考えるのが一つの選択肢だ」と語り、金銭的な負担を求める意向を示した。

 近藤洋介氏(民主)らの質問に対する答弁。三井住友銀は法令違反の行内処分を6月初めまでに金融庁に報告することになっており、同行を退職した西川氏の責任問題が焦点になっている。西川氏は8日の国会答弁で、銀行の処分に従う考えを表明している。

 奥頭取は同委員会の冒頭、「深くおわびする」と陳謝、答弁では西川氏ら当時のトップに一定の責任があるとの認識を示した。与謝野馨金融担当相も西川氏らについて「責任は免れない」と指摘した。

三井住友銀行は、プロミスという消費者金融と仲良しグループになっている。

高利貸しとグループですとコマーシャルで明言しています。

暴力団とお友達といっているようなものです。

少しは、経営を反省したらよい。

情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/05/10(水) 15:34)

広告







最近のエントリー

内閣改造前夜(08/26)
情報戦(08/22)
トヨタ宣言(08/22)
防衛省(08/15)
御盆休み(08/11)
間が悪い(08/06)
スポンサー(07/28)
YST(07/23)
参院選挙(07/15)
当然辞任(07/03)


最近のコメント

くれか:足跡(07/31)
Ozzzy:特許は誰でも出願可能です。(03/20)
HOLIZON:記事が載ってましたヨ(02/24)
MOKK
:
(01/16)
an_idle:姉歯は創価学会員(01/04)
Sumiko:総合研究所 内河所長(12/22)
サガミ:こんなHPを見つけちゃいました!(12/21)
:(12/16)
違う:(12/15)
:(12/09)


最近のトラックバック

いろんな会社のご案内:(08/15)
経済・財政がたくさんあります:日本経済を極める(08/07)
投資最新ガイド:(08/01)
投資最新ガイド:(08/01)
大相撲情報局:(08/01)
証券会社完全ガイド:(07/25)
消費者金融deブラックOK? 消費者金融とブラックの関係を徹底解剖! :ブラックでも審査の甘い消費者金融「アイフル」(07/14)
あかねのblog:中村俊輔(06/07)
ほのかのブログ:トヨタ自動車(06/06)
クレジットカード本日お薦め:クレジットカードの仕組み(04/20)










Copyright © 2004 情報Bank. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。